モルディブ アンサナイフル 旅行記 まとめ

スポンサーリンク

下記1日目から5日目を見て頂いてから、こちらのページを見て頂くとわかりやすいと思います。

→私達夫婦の新婚旅行の行き先選び

→新婚旅行でモルディブ アンサナイフル 旅行記 1日目

→新婚旅行でモルディブ アンサナイフル 旅行記 2日目

→新婚旅行でモルディブ アンサナイフル 旅行記 3日目

→新婚旅行でモルディブ アンサナイフル 旅行記 4日目

→新婚旅行でモルディブ アンサナイフル 旅行記 5日目

→モルディブ アンサナイフル 旅行記 まとめ

→モルディブのお土産の購入方法

→アンサナイフルに宿泊した際のお持ち帰り出来るアメニティーの紹介

→モルディブ アンサナイフルでのシュノーケリング動画

アンサナイフルまとめ

シュノーケリング

シュノーケリングに適しているか

★★★★★
間違いなくGOOD!!
モルディブに行くにあたってシュノーケリングで沢山の魚やサンゴ、ドロップオフが見たくてアンサナイフルに決めましたが間違いなくここにして正解でした。
魚はいろんな種類が泳いでいます、サメも沢山見ますが襲ってくるサメじゃないみたいです。ウミガメとも2回一緒に泳げました。
朝食時にイルカの群れが泳いでいるのをレストランから10m先ぐらいで見たので運がよければイルカとも泳げるかもしれません。
日本人のお客さんと話していたらエイとロブスターも見たそうです。
DSC01976

DSC01960

DSC01953

DSC01867

DSC01804

DSC01809

DSC01838

DSC01595

DSC01584

DSC01583

シュノーケル用品

無料で一式レンタルで借りれます。
レンタル品だと良くない物になると思い一式自前で持っていきましたがレンタル品のものが良かったので借りられたらいいと思います。
水着はちゃんと持って行きましょう。
日焼け止めも絶対持って行ったほうがいいです(お土産売り場に売ってました)

部屋

部屋の綺麗度合

★★★★★
1日に朝食後10:00過ぎと16:00頃の計2回部屋の掃除をしてくれます。
してくれる内容は、ベッドのシーツや掛布団、枕を綺麗に、バスタオル、ビーチタオル、フェイスタオル、ハンドタオルの交換、
飲料水、炭酸水が無くなってきたら補充、トイレットペーパーも予備が無くなったら補充、床掃除、水回りの掃除として下さるので綺麗な状態で部屋を使えますので快適です。
部屋の掃除やタオルの交換が必要なければ、必要無とドアにかけておけば部屋の掃除はされないです。
※夕方の掃除の際には毎回アンサナ専用グッズがプレゼントで置いてくれていました。
写真 2016-03-07 21 04 08

部屋の広さ

★★★★★
2012年に全部屋を広く改装されたので、それ以前に行かれた方は狭かったようですが行ってみると私達にとっては広さも十分でした。
写真 2016-03-06 23 35 36

写真 2016-03-06 23 36 10

写真 2016-03-06 23 37 16

写真 2016-03-06 23 38 07

写真 2016-03-06 23 38 28

写真 2016-03-06 23 39 27

写真 2016-03-06 23 39 56

寝心地

★★★★★
抜群です。快適に寝れます。枕も1人2個置いてくれてあるので2段に重ねて使用するもよし、柔らかい方、硬い方と使い分けてもいいかもしれません。シーツも清掃員さんがピシーッと綺麗にしてくれているので気持ちいいです。
かなからとし モルディブ_914

テラス(庭)

かなり広く、居心地抜群です。
虫除けグッズは持って行ったほうがいいです。
DSC01509

DSC01510

DSC01637

写真 2016-03-07 11 12 46

写真 2016-03-07 11 19 36

写真 2016-03-07 12 05 23

写真 2016-03-07 17 13 38

部屋の電源コンセント

コンセント形状はBFタイプです。変圧器も必要です。
コンセント数カ所に有。分岐タイプの延長コード持って行くと便利
写真 2016-03-06 23 44 00

シャワーの水量

充分出てきます。温度もかなり熱くするのも可能。

アメニティ

シャンプー、リンス、ボディーソープ有(良い香り)
歯ブラシ、綿ぼー、ドライヤー等有

インターネット環境

部屋とレセプションの近くは無料wifiが飛んでいます。
バンヤンツリーも無料wifi飛んでいます。
※両ホテル共にパスワード入力しなくてもつながりました。

デイルーム

最終日に希望であれば、お昼12時から夜9時まで使用できる部屋はデイルームという海に直接面していない部屋に移動となります(有料で私達が泊まった時は1部屋150ドルでした)
本来最終日のチェックアウトはお昼の12時ですが、帰りの飛行機の出発が夜遅い場合はチェックアウトの時間を夜9時までに変更が可能です。※チェックアウトの前日夕方にレセプションから部屋に手紙が届きますので確認してからの対応になります。
写真 2016-03-10 15 16 19

写真 2016-03-10 15 16 25

写真 2016-03-10 15 16 36

写真 2016-03-10 15 16 49

写真 2016-03-10 15 16 52

写真 2016-03-10 15 16 56

写真 2016-03-10 15 17 30

写真 2016-03-10 15 18 02

写真 2016-03-10 15 18 11

写真 2016-03-10 15 18 19

写真 2016-03-10 15 18 22

写真 2016-03-10 15 42 32

写真 2016-03-10 15 42 43

スポンサーリンク

食事

レストラン朝食

★★★★★
毎日バイキングで種類もかなり多いので飽きることはないと思います。
パン10種類以上(温める機械有)、ハム5種類程、野菜、チーズ各種、カレー、ソーセージ、お粥、具入りスープ数種、揚げ物数種、ヨーグルト具材数種、他にも注文してから目の前で焼いてくれるオムレツ(具材選べます)、ホットケーキ、ワッフル、目玉焼きや、フルーツ各種食べたいものをカットしてもらったり、ドリンクにしてもらったりできます。
ドリンクは、水各種(いろんなメーカーの水や炭酸水、フルーツのジュースが数種類あります)
※カレーがめっちゃ美味しいです!!
※好きな席に座れます。私達は毎日パラソルが付いている外の席で食べました。
※席に座るとウェイターさんが来てくれて食後のドリンクはコーヒー、紅茶のどちらを用意しましょうかと聞いてくれます。
DSC01521

DSC01522

DSC01523

DSC01524

DSC01525

DSC01528

DSC01529

写真 2016-03-07 7 48 41

DSC01749

DSC01750

DSC01751

DSC01752

DSC01753

DSC01754

DSC01755

DSC01756

DSC01759

DSC01760

DSC01763

DSC01765

DSC01766

DSC01767

DSC01768

DSC01776

DSC01775

DSC01773

DSC01749

DSC01753

DSC01771

昼食

お腹がすかなかったので一度も食べませんでした。

レストラン夕食

★★★★
コースの日とバイキングの日があります。
宿泊1日目、2日目にメインレストランで食事しましたがコース料理でした。
メイン料理のオススメはお肉です。美味しいです。
※コースの日本語メニュー有。基本は英語表記のメニューが出てきますので必要であればPlease menu of Japaneseとでもお願いしてみて下さい。
※好きな席に座れます。
※食事中にシェフが挨拶に毎夜来てくれます。
写真 2016-03-07 18 45 47

写真 2016-03-07 18 49 56

写真 2016-03-07 19 06 09

写真 2016-03-07 19 06 17

写真 2016-03-07 19 06 34

写真 2016-03-07 19 14 38

写真 2016-03-07 19 20 33

写真 2016-03-07 19 30 57

写真 2016-03-07 19 42 08

写真 2016-03-07 19 59 21

写真 2016-03-07 20 00 32

かなからとし モルディブ_8233

かなからとし モルディブ_3844

かなからとし モルディブ_2546

かなからとし モルディブ_4222

かなからとし モルディブ_7620

写真 2016-03-08 19 00 37

かなからとし モルディブ_6673

写真 2016-03-08 23 07 54

写真 2016-03-08 23 47 07

かなからとし モルディブ_702

写真 2016-03-08 19 17 24

写真 2016-03-08 23 25 08

かなからとし モルディブ_3265

かなからとし モルディブ_6149

バー夕食

★★★★
チェックアウトした日はバーで食べました。
美味しかったです。私達夫婦はレストランよりもリラックスできた印象です。STWのツアーで予約したプランが夕食付だったので2回レストランで食べましたが、プランに夕食が付いていない場合はレストランとバーを気分で使い分けられたらいいと思います。値段はバーのほうが安く済みます。
バーには日本語メニューは無いので英語のメニューです。
写真 2016-03-10 22 40 43

写真 2016-03-10 23 01 49

写真 2016-03-10 22 36 33

かなからとし モルディブ_9244

かなからとし モルディブ_1241

かなからとし モルディブ_4793

スタッフの対応

★★★★★
みなさんかなり対応良いです。従業員の教育がしっかりされているんだと感じます。後、従業員さん同士も仲が良いのではないでしょうか。日本語を喋れるスタッフはいません。英語での会話になります。私は英語が話せませんがスマホやパソコンの翻訳機能で話ができます。英語が話せないから行かないでおこうと思っているなら非常にもったいないです。ジェスチャーでもどうにかなりますしスタッフさんもいい人なのでどうとでもなります。

ハネムーナー特典

ハネムーンディナー

★★★★★
自室の部屋の前にテーブルとライティングをセットして下さり席のすぐ近くでシェフがBBQを焼いてくれます。ウエイターさんも1人付きます。シャンパンのサービス→野菜→BBQ(大きな海老4つ、牛肉、鶏肉、ジャガイモ)→アイスクリーム&フルーツ→ハネムーンケーキでした。
BBQは量が多く半分程残してしまいました。
写真 2016-03-09 22 46 49

かなからとし モルディブ_4243

かなからとし モルディブ_6859

かなからとし モルディブ_3219

かなからとし モルディブ_9234

写真 2016-03-09 23 13 47

写真 2016-03-10 0 03 48

かなからとし モルディブ_960

ハネムーンベッドデコレーション

★★★★★
感激しますよ!!
スペシャルグッズのプレゼントもありました。

ハネムーン特典を受けるには

入籍日もしくは結婚式から6ヶ月以内なら旅行会社STWさんのツアーでハネムーン特典付きだったのでそれを予約しました。
アンサナに到着したらチェックイン作業は無しでバーでウェルカムアイスを食べさせてもらったら、そのまま部屋に案内してもらえ、荷物は後で届けてくれるので荷物の中に結婚証明書のコピーを入れていた場合渡す場面が無いので翌日もしくは荷物が部屋に届いてから持って行かないといけなくなるので手荷物バッグ等(自身で持ったままのバッグ)に入れておいてウェルカムアイスの時か部屋に案内してもらっている時に渡されたらいいんじゃないかなと思います。
かなからとし モルディブ_2145

かなからとし モルディブ_2199

かなからとし モルディブ_1988

かなからとし モルディブ_2880

虫の出現具合

★★★
室内にはなにも出ませんでした。外で1回蚊を見たので虫よけグッズは持って行った方がいいですよ!私はおでかけカトリス スリムタイプを2個持って行っていました。
1個はお風呂場に置いたまま、もう1個はテラスに置いていました。
室内にはもとからコンセントに挿すタイプの虫よけが付いていました。
※引き出しの中に虫が出た時用の殺虫剤も装備してありました。

チップ

朝、夕の部屋の掃除に来てくれるのでその都度、枕元に夫婦分で2ドル。チェックイン、チェックアウト時に荷物を運んでくれたスタッフに夫婦分で2ドル、部屋をかなり快適かつ綺麗にし続けてくれたので夫婦で6ドル最終日に感謝の気持ちで置いておきました。後は時折、日本のお菓子やカップラーメンをドルと一緒に置いておきました(私流の逆おもてなし)

アンサナスパ

★★★★★
気持ちいいです。値段が結構しまが1回は受けられても良いのではないでしょうか!

良くなかった点

アンサナイフルに宿泊して1日目で感じたここがこうなるともっと良くなるポイントが2点あります。それ以上に良い所がありすぎますけどね。
1点目は外に水着を干しておけるロープでもあればよりいいのになと感じます。私は事前にチャックしていたので自前でアウトドア用ロープ&ハンガーセットを持参していたので問題ありませんでしたが。

2点目は部屋の入口2ヶ所共に水道はあるのですがシャワーは室内にしかないのでビーチタオルで拭いてからシャワールームに行かないといけないのは欠点ですね。
水道の水が冷たくないので折り畳み式等の風呂桶や水道ホースでも持参すると外の水道で泳いだ後のシャワー代わりになると思います。私はルーフツアラーの多機能防水バッグRA0303を持って行っていたのでそれを桶代わりに使用しました。

日本に帰ってきて早速折り畳み式の桶を購入しました。旅行に行った際の洗濯にも使用できますからね。
※外でシャンプーやボディーソープを使用するのは魚やサンゴを死滅させたらダメなのでやめましょう!

バンヤンツリー

★★★
アンサナイフルから2時間おきに無料の船が出ていますので2島を満喫できます。
バンヤンツリーもしくはアンサナイフルにシュノーケリングに行かれる方はトイレにシャワールームがありますので便利です(バスタオル、シャンプー、リンス、ボディーソープ有)
※お土産やバー、レストランでの食事代全てがチャックアウトの時に払うようになっているのでお金を別の島に行くときに持って行く必要がありません。
バンヤンツリーでエイの餌づけを見ましたが良かったのでおすすめです。17時から餌づけ開始してましたが、エイは16時過ぎくらいから食事待ちで待機していたようです。時間に関しては日によって違うかもしれないのでレセプションで確認するといいです。

お土産売場

★★
アンサナイフル、バンヤンツリーのお土産売場共に食べ物(チョコレートやクッキー)含めてお土産は売っていないです。
現地で食べるようなスーパーに売ってそうなポテトチップスや小さいチョコレート等の駄菓子は売っていました。
販売されている物は、イフルではイフルのロゴの入った物や、置物等。バンヤンツリーも同じくです。

マレ空港の免税店売場

★★★★
私は時間がなくちょっとしか買い物できませんでしたが、お土産に渡せそうな物がいっぱい販売していました。
食べ物系は小さい香辛料専門店みたいなお店があり、そこに一種類だけチョコレートも販売してました(チョコレートといってもうまい棒の長い版みたいな形で自分で折って食べるチョコレート)
イフルに限らずモルディブの宿泊地のお土産屋に良いものがなかったら買い物に1時間以上は時間を使えるように空港に到着するように手配して貰ったほうがいいと思います。

新婚旅行でモルディブの選択はどうか

★★★★★
新婚旅行の行先選びでモルディブ、タヒチ、ハワイ、オーストラリア、沖縄等候補があがりました。
結果はモルディブにして正解でした。
モルディブに行ってみて実感しましたが家族で行く場所ではありませんね!
妻、もしくは彼女と2人で行く場所だと感じました。
行っていろいろ体験しましたので気になる事があればコメントいただければわかる範囲でお答えしますよ。
これからイフルに行かれようと思われている方が少しでも楽しめますように!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット