台湾の台北旅行記ブログ

スポンサーリンク

2016年10月7日~10月10日
台湾に旅行に行ってきました。
友人のオススメの場所、トリップアドバイザーやとらべるこちゃん、ベルトラのサイト、食べログでの評価を参考に一生懸命遊んできましたので記録として残しておきます。

これから台湾、台北に旅行に行く方、行きたい方の参考にもなればいいなと思います。

気になる旅費

今回の旅行のツアー会社はDeNAトラベル
ツアーに入っている内容は
・関西国際空港から台湾桃園国際空港の往復バニラエアの飛行機代(受託手荷物20KG付)
・空港とホテルの往復送迎付
・ホテルロイヤルニッコー台北2泊
金額2名で82,700円

旅行保険
ジェイアイ傷害火災保険のtabihoたびほ
2名で2,920円

WIFIルーター
4日間で3,000円程

台湾で使用した金額
73,300円程
※現地での食事、交通費、買い物代
※1台湾ドルが日本円に換算すると3.4円の換金時に使った額

自宅~関空までの往復交通費(電車、バス、タクシー)と関空での食事
5,000円程

旅費合計2人で166,920円
※1人当たり83,460円

飛行機バニラエアの感想

バニラエア搭乗記 関空 台湾
【行き】10月7日  関空出発 03:15 台湾桃園国際空港到着現地時間05:10(日本時間06:10)
【帰り】10月10日 台湾桃園国際空港出発現地時間22:35 関空到着02:20(日本時間)
↑台湾旅行を計画する時に重要視した点が台湾で朝から夜まで遊ぶことを3日間はしたい!!
このツアーだと7日、8日、9日は朝から夜まで丸3日間遊べるのです(^o^)
7日の午前中は睡魔で辛かったですが移動中や時折休憩をとったので午後からは絶好調でした。
ちなみにバニラエアはANA HDD100%出資の日本のLCCです。
機内での飲食物の無料提供無、ブランケットの貸し出しも無、機内に画面付きのモニター無です。
※飲食もブランケットも販売はしていますので必要な場合は購入できます。飲食の値段決して高くないのでお腹がすいたら購入すればいいと思います。
シートは決して広くないですし、前席との感覚も狭いですが3時間なら問題なしだと感じました。
LCCに初めて乗りましたが台湾までならフライトと乗車時間合わせて3時間ちょっとなので全然ありでした。
私が乗車した感覚では5時間程度までの乗車時間ならバニラエアの選択もありだと感じました。
帰りは関空に夜中の2時20分に到着したのですが、深夜も1時間毎に1本大阪駅までの高速バスが運転しています。

空港とホテルの往復送迎の感想

台湾送迎バス
ナルワントという会社が送迎してくれました。
行きは台湾滞在中の注意事項や豆知識等も教えて下さりよかったです。

ホテルロイヤルニッコー台北の感想

ホテルロイヤルニッコー台北
JAL(日航)の台湾初の日系ホテルで日本語が通じます。
日本語が通じるのは滞在中の安心感に繋がります。
台湾滞在中に公衆電話からホテルに電話しましたが何の問題もなく会話できました。
部屋も綺麗でしたので、また台北に来た際には利用したいと思えるホテルでした。
日本人の宿泊者しか見ませんでした。スタッフさんの対応も良かったです。
ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ 楽天トラベル

WIFIルーターをレンタルした感想

WIFI台湾データレンタル
株式会社グローバルモバイルという会社で借りました。
【感想】
こちらで借りた決め手は、超高速4G LTEが台湾滞在中、利用制限無しの無制限でつなぎ放題というのと、万が一紛失や盗難、破損した場合でも1日200円の安心保証に入るだけで損害金を払わなくていいという点と、価格が安いという点が決め手になりました。
台湾出発の2日前に自宅に届きましたし返却はポストに投函するだけなので楽ちんです。
実際にレンタルして使った感想は、行った先はどこでも快適に使用できました。滞在中ずっと電源点けて繋ぎっぱなしでした。次回台湾に旅行に行く機会があれば再度絶対に借りるでしょう!!無料WIFIが町中に沢山あるといってもそれはごく一部の場所だけです。いざインターネットがしたいときに使える!使えない!では全然違います。インターネットが繋がっていたらGoogleMapsを使いナビして目的地に行けるのでかなり便利です。
※予備バッテリーを私は持っていたのでレンタルしませんでしたがお持ちでない方は1日100円なので借りられた方が良いと思います。


滞在中の移動手段

電車、バス、徒歩、タクシー
どれも乗車賃が日本と比べると安すぎです。
バスに1時間近く乗っていても日本円換算して50円~300円程
電車も安いので気にせず乗りましょう。
タクシーも安いのは知っていましたが使う機会がなく利用しませんでした。
それだけ電車とバスが町中網羅しています。
電車やバスに乗って移動するなら絶対に悠遊カード(EASYCARD)100台湾ドル(日本円で340円程)を買い、少しばかりの金額をカードにチャージしましょう。
電車やバスを20%割引で乗れますしカードを機械にタッチするだけなので何より楽です!電車やバスに乗るたびに金額を調べなくていいしタッチした際に残金が機械に表示されますので金額が減ってきたら機械でチャージするだけ!!機械に日本語ボタンもあるのでそれを押せばチャージを間違えることもないと思います。
それに台湾ではバスに乗った際にお釣りが出ませんので仮に20台湾ドル(68円)の区間を乗車して1,000台湾ドル(3,400円)払ってもお釣りはでませんので悠遊カードを使わずにバスに乗車する方は小銭を沢山用意しておいたほうがいいです。ただ絶対に購入をオススメします。

滞在1日目の動き

ホテル→徒歩で阜杭豆漿(朝食)→徒歩で中正紀念堂→徒歩で台湾総統府→徒歩で福印堂印刷→徒歩で龍山寺→電車、バスで九份→バス、電車で京鼎楼(夕食)→徒歩でホテル

阜杭豆漿(朝食)

阜杭豆漿 台北 朝食
台北の朝食屋さんで一番の人気店。早朝8時前に行ったと思いますがすでに100名程並んでいました。
100名並んでいるといっても1時間も並ばずに注文できました。
注文したのは
鹹豆漿(おぼろどうふ風豆乳)30元

カリカリの揚げパン、葱のみじん切り、干しエビ、肉そぼろなどがトッピングされ、黒酢、ラー油、ゴマ油、醤油、塩少々で味付けされています。
【感想】何も付けずに食べました。1口目パクチーと一緒に食べたが美味しくない(´・ω・`)2口目からパクチー無しで食べたらまずまず食べれました。後で知ったことですがレジの後ろのテーブルにいろんな薬味があるのですが、現地の人はその中のラー油を垂らして食べるそうです。←そうして食べてれば美味しかったと思えた予感がします。
厚餅夾蛋(厚焼き餅に卵追加で!)38元

このお店の焼餅は完全手作り。伝統的な貼り窯(胡椒餅を焼くのに使う窯)でカリカリサクサクに焼き上げます。厚餅の材料は小麦粉、葱のみじん切り、油です。
【感想】1口目美味しい。食べてると飽きてきた、そこで薬味でコチジャンをつけて食べると美味しかったです。
・蛋餅(台湾風クレープ)28元
蛋餅
モチモチしていて感触も良いしコチジャン付けて食べるとピリ辛で美味しい。
・豆漿(豆乳)アイス22元
豆漿
【感想】豆乳がこんなに美味しいと思えたのは初めて(*^^*)甘い味やけどね!!
こんだけ食べても日本円にして合計400円
こちらのお店は朝は5時30分から営業されています。地元の人はテイクアウトで注文されていました。

中正紀念堂

中正紀念堂
本堂に鎮座する蒋介石のブロンズ像を護衛する衛兵の交代式が見れます。
衛兵の交代式
衛兵の交代が見られる時間帯は毎日9時~17時。衛兵は1時間ずつ交代で蒋介石像を護衛、交代し控室に戻った衛兵は2時間の休憩後に再登場します
<衛兵交代開始時間>09:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00。
料金:無料
【感想】交代式1度は見ておいていいと思います。館内も見て回りましたが交代式と建物の迫力を見るだけでいいと思いますよ。

台湾総統府

台湾総統府
台湾の国会議事堂で警備が厳重です。
【感想】徒歩で前を歩いただけです。

福印堂印刷

福印堂印刷
70元(日本円240円)で木の印鑑を手彫りしてくれます。
台湾 印鑑制作
ここはガイドブックにも載ってないですし、たまたまインターネットで徘徊している時に1人の人のブログ内で紹介されていたのを見て行ってきました。愛嬌のあるおばちゃん(おばあちゃん)が1個30分かけて掘ってくれます。


スポンサーリンク

【感想】
妻は『自分のはいらなーい』との事でしたが作ってくれている姿勢、雰囲気、印鑑の出来上がりを見て、『自分の名前も手彫りしてほしい』となり、作って貰ってかなり気に入っておりました。
場所も龍山寺から徒歩30秒程のところにあるので龍山寺に行かれる方は、龍山寺に行く前に注文しに行って帰りにとりに行ったらいいと思います。1個目は30分作るところを見学させてもらいましたが良かったです。

龍山寺

龍山寺
台北最強のパワースポットで、願い事をすればご利益があるとして、地元の人からも厚い信頼を受けているようです。
台湾 願い事 神社
【感想】
お参りを前の人の見様見真似でしましたが、まっぷるを購入すれば参拝の手順も書いてあるので前もって調べておくと良いと思います。

九份

台湾 九份
千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている場所で、台湾に来たら誰もが行くであろうところです。
九份
【感想】
雨がザーザー降りだったからだと思いますがパソコンの画面越しに見る雰囲気は味わえませんでした。
それでも台湾に来たらここには行っとくべきだとは思います。
いろんな観光地に行きましたがここ九份でだけ綺麗なポケットティッシュカバーなどに台湾と記されたものが売っていました。ティッシュカバーや縫物した物などは九份で購入するのがオススメだと感じました。
これ美味しかったです↓
10112029-001

10112029-006

これもめちゃ美味い↓
10112029-012

10112029-014

臭豆腐は始め美味しくないけど食べていくと美味しく感じてくる↓
臭豆腐 九分

帰りはバスに乗れなかったらタクシーを使おうと思いましたが台北まで行くバスにすんなり乗れました。乗り合いタクシーもあり1人500元でいいからどう?と呼び込みしていましたのでタクシーもありだと思いますよ。
台北からの九份バスツアーを使う人も多いと思いますが日本円で1人6,000円程して2,3時間しか滞在できないより電車、バスで自分で行けば往復1,000円程で行け時間も好きに利用できるのでトライしてみればいいのではないかなと思います。

京鼎楼(夕食)

京鼎楼
日本にも15店舗程あるお店です。
・小籠包
・カニ小籠包
・エビシュウマイ
・空芯菜
・エビチリ
・台湾ビール2瓶
10112029-081
【感想】
エビチリ以外美味しかった。小籠包は皮が厚めでモチモチ!小籠包も美味しいが空芯菜がオススメ!美味しい!今も書きながら空芯菜食べたくなってきた。そうそう、5品注文しましたが2人だと3品で十分です。私が3品注文するなら小籠包、空芯菜、エビシュウマイとドリンク!お腹いっぱいまで食べましたが1品分程は食べきれずに残してしまいました。

滞在2日目の動き

ホテル→電車で茶湯會→バスで国立故宮博物院→バスで士林夜市→電車でホテル

茶湯會

10112034-011
タピオカドリンクの人気店
【感想】
美味しいので是非飲んで下さい。
10112034-013

国立故宮博物院

国立故宮博物院
世界4大美術・博物館のひとつに数えられています。
翠玉白菜という彫刻が故宮博物院の中で1番の至宝とされています。
翠玉白菜
【感想】
とにかくデカい、広い!!ちゃんと見て回ったら1日でも回りきれないと思います。
私達夫婦はサササッと見て回りましたが建物1つに2時間半程かかりました。
世界4大美術・博物館の1つなので行っておいてもいいと思いますが、私達夫婦は1回サササッと見たら十分です。
鏤彫象牙雲龍文套球というのは一見の価値があると感じました。作り方が凄すぎます!!興味があるかたはインタネットで検索するか現物を見に行ってください。
博物院に行ったら音声の機械は200元なので借りたほうがいいです。障がい者手帳を出せば無料で借りれます。

士林夜市(士林市場)

士林市場
台湾で最も有名で規模も大きい夜市です。
【感想】
お昼2時頃~夜10時過ぎまで8時間程滞在していました。
士林市場に到着して広くないじゃんと思いましたが、士林市場を抜けると沢山のお店があります。
はんぱなくとにかく広いです。すごーい沢山のお店があり日本のお祭りの屋台が好きな人ならかなり楽しめると思います。
鞄に入りきらないほど物も購入しました。
食べ物以外の買い物も楽しめると思います。
台湾旅行で一番楽しめました。妻は楽しくて歩きすぎたせいでホテルに戻り椅子に座ると立ち上がれないくらい足が疲労していました。
士林市場のすぐ近くにある人気のかき氷、スームージーの店、思慕昔でマンゴーかき氷を食べましたが美味しかったです。
思慕昔マンゴーかき氷
士林市場の中で元気に呼び込みしているお店で食事しました。60点です。
士林市場
スタバは日本で販売していないドリンクが販売されていました。味は100点美味しい!!
台北 スタバ

台湾 スターバックスコーヒー

こちらのお店を見つけたら是非買って是非食べて下さい!
70元(238円)で美味しいデカ~イ唐揚げ?が食べれます!
10112038-003

10112038-026

滞在3日目の動き

ホテル→電車で明月汤包(昼食)→徒歩で台北101→電車で冰讃(マンゴーかき氷)→徒歩で林華泰茶行(お茶販売)→徒歩で永久號(からすみ)→夏威夷養生行館(足裏マッサージ)→徒歩でホテル→バスで台湾桃園国際空港

明月汤包

明月汤包
小籠包が美味しい人気店です。
本店と支店がすぐ近くにあります。
【感想】
台湾が好きな友人にここの小籠包は美味しいから食べに行ったほうがいいと教えてもらっていたので食べにきました。
かなりの人気のようでお客さんは並んでいます。
近くにこれといって何か観光地があるところではないのでみな小籠包の美味しいのを食べたくてきているのでしょう!
味は京鼎楼で食べた小籠包は皮が分厚かったのに対してこちらの小籠包は皮が薄くて具が多い感じです。
妻はこちらのお店の小籠包のほうが美味しかったようです。
人気店なので予約してから来てもいいかもしれません。

台北101

台北101
高さが509.2あるビルです。
総工費は日本円で2,000億程かかっているそうです。
2004年12月31日オープンから2007年7月にドバイのブルジュハリファ828.0mに抜かれるまでは世界一の高さのビルでした。
【感想】
近くから見るだけで偉大です。あいにく天気が良くなく建物の上部は雲に隠れていたので上までは行きませんでした。
天気が良かったら上ってみるといいのではないでしょうか。

冰讃

10112038-116
台湾で人気のマンゴーかき氷屋さんです。
【感想】
ここのは氷の食感が弾力があるマシュマロのようで美味しかったです。
私と妻はマンゴーかき氷は酸っぱい感じより甘い感じのが好きなので冰讃で食べましたが美味しかったですよ。
日本人のお客さんだらけでした。お金払って席に戻ったらお釣りが少ない事に気付き言いに言ったらすぐに足らないお釣りを渡してくれましたが皆様お気をつけ下さい!!

林華泰茶行

林華泰茶行
台湾でも有名なお茶問屋さんで1883年(日本だったら明治16年)から続く老舗店です。
【感想】
行くと缶に値段が書いてあり一斤(600g)の料金が元で書いてあります。最小は150gから購入できますので書いてある四分の一の値段から購入可能です。
購入する際に袋に入れようとしてくれますが私は事前調査で真空パックにしてくれる事も下調べしていたので真空パックでお願いしました。
味はまだ飲んでないのでわかりませんがお客さんが少なかったら試飲させてもらえるようです。
私が行った時はお客さんが多く店員さんは動きっぱなしでした。
私は一斤1600元のお茶と一斤600gの凍頂烏龍茶を購入しました。
林華泰茶行は日本円で支払いOKでした。

永久號

永久號
1915年創業のからすみの老舗店で、天然物のが安くて品質が良いのが買えると人気のお店です。
【感想】
路地裏にあり地図がないとなかなかたどり着けないかもしれません。
からすみの値段は500元~1300元くらいまであるようです。値段は重さによって変わるみたい。
元でのお支払いしかできません。クレジットカードと日本円は不可です。

夏威夷養生行館

夏威夷養生行館
台北で人気の足裏マッサージ屋
【感想】
ここのすぐ近くにある足裏マッサージで行きたかった第1候補の元気養生会館に行った所30分以上待たないといけないとの事だったので、時間があまりなかった私達は第2候補の夏威夷養生行館に行きました。日本語で会話が出来ましたし、1人1台テレビが付いているのでマッサージしてもらっている間テレビを見ておく事も可能です。私はONE PIECEを見ていました。肝心の気持ちよさは、なかなか良いですよ。足の疲れが本当に軽くなります。施術後歩いている時に足の辛さがなくなっている事を感じれました。施術中は『痛い』とか『こしょばい』というと施術師さんは喜んでおります。痛いときは『痛い!痛い!どこが悪いですか?』と聞けば教えてくれます。ちなみに体の不調な感じがする所が確かに痛かったので足つぼの施術師さん恐るべし!!また台湾に来たらマッサージうけるぞー!!夏威夷養生行館は日本円で支払いOKでした。

お土産

台湾で購入したお土産です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

缶ビールは日本に追加料金無で1人350mlが6本、妻と2人で12本までは日本に持ち帰れるので台湾の100均ダイソーでプチプチとジップロックを購入し梱包してキャリーケースに入れ持ち帰りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾旅行簡単まとめ

電車、バスを利用するなら悠遊カードは購入しよう!
障がい者は手帳があれば日本同様に割引有!
日本語が結構通じる!

行った場所、行きたかった場所の地図

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット

コメント

  1. house より:

    I really enjoу looking at on this web site , it contains
    good blօg posts. “When a man’s willing and eager, the gods join in.” by
    Aeschylus.