休日に持ち歩くパソコンでオススメはGPD Pocketという超小型ノートパソコン

スポンサーリンク

休日に愛用しているブリーフィングバッグに入れて持ち歩けるノートパソコンで良いのを見つけたので購入しました。
普段使っているパナソニックのレッツノートもバッグの中に入るのですが、私が思う休日のお連れとしては大きいので何か良いのがないか探しました。

探す際に重要視した点は
①軽量でコンパクト
②ウェブの閲覧程度はモタモタ感もなくサクサク閲覧できる事
③内部ストレージがHDDではなくSSDか妥協してeMMCであること(持ち歩くのでHDDだと潰れやすい気がするので)
④キーボードが打ちやすい事

良いのを見つけました
中国のGPD社という会社が、米国のクラウドファンディングサービスにおいて、こんなパソコン作りたいのですがと出資者を募集されたところ目標額の1520%オーバーの3億5千万円の資金調達ができたので本来想定されていたスペックよりも良い部品が使われていて、
このパソコンなら重要視した点をクリアするなと感じたので購入しました。

スペックは下記の通りで通常のそこそこ良いノートパソコンと大差ありません!!
ディスプレイ:7インチタッチパネル搭載ディスプレイ
解像度:1920×1200
CPU:intel Atom x7-Z8750
GPU:HD Graphics 405
メモリ:8GB LPDDR3
ストレージ:128GB
WiFi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:4.1
バッテリー:7,000mAh
※連続使用時間約12時間との事ですが実働は半分の6時間強位かな
重量:500g
インターフェース:
USB Type-C 3.0 x 1
USB Type-A x 1
マイクロHDMI x 1
3.5mmオーディオジャック

Windows初期設定時に日本語を選択できますので普通のパソコンの初期設定と全く同じようにできます。

OSはWindows10です。
使い始めてわかった事ですが画面サイズがGPD Pocketは7インチなのでOffice Mobile(Word・Excel)が無料で使えるのです。これは嬉しすぎる誤算でした。

カバンに剥き出しのまま入れたら汚れるのも嫌なのでケースも同時に購入(後ろに写っているパソコンはパナソニックのレッツノート←こちらも小さいけどGPD Pocketは規格外の小ささ)

純正の青色のポインティング・スティックは滑りやすく操作性がよくないとの事なので「レノボジャパン ThinkPad用のロープロファイルトラックポイントキャップ」も購入
※無加工での取替が可能です。赤色が変更後の写真です。
高さが青色より高いと画面を閉じた時に画面についてしまうので問題ないロープロファイルトラックポイントキャップがオススメ

GPD Pocketポインティングスティック交換前↓

GPD Pocketポインティングスティック交換後↓

屋外でも画面が見やすいようになる液晶保護フィルムも購入

想定していた通りモッサリ感もなく使えるので購入して良かったと思います。
外出時も今まで以上に有効に時間を使えています。
妻の好きな買い物に一緒に行って時間潰しするのも苦じゃなくなりました。どちらかというと外でリフレッシュしてパソコンできるので良い感じです。

手のサイズとの違いを見て頂くとどれほど小さいかわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット