私のBrompton(ブロンプトン)自転車M6L RAWカラーモデルの紹介

スポンサーリンク

私の愛車のブロンプトンのご紹介をいたします。

購入理由:キャリーミーという自転車を所有しており毎日通勤や営業時の移動に使用しているのですが非常に便利な為、キャリーミー以外で公共機関(電車、バス)に乗せれる自転車が欲しくて購入。キャリーミーを2台所有しなかった理由は1日30km近く走ったりするのにはちょっとしんどい!長距離を走れて一生物にしたいなと思えるような自転車を探している内に見つけました。
購入したのはM6LのRAWカラーモデル!
輪行できる自転車は他にも沢山ありますがブロンプトンを選んだ理由は車体に空気入れが純正で取り付けてある所を評価しました(細かいところま気が利いていて作り手の愛情を感じれたような気持になった)

オプションで付けているのは
・フロントキャリアブロック(Sバッグを取り付けるのに必要)

・ブロンプトンSバッグ(メッセンジャースタイルのバッグ)

・LOROオリジナル クラシックオフセットリアキャリア(大型ローラー4輪付いています。車体とほぼ同色に塗装してもらいました)

・CAT EYE BROMPTON用ブラケット付き(CAT EYE / TL-LD570-R-MZ) オートオンオフリアライト(暗くなり振動を与えると自動で点灯消灯します。点灯タイプもボタン切替で変更できかなり綺麗です)
※TL-LD570-Rは純正リアキャリアを装備した車体には取り付けれます。
※TL-LD570-R-MZはリアキャリア無しの車体にも取り付けできるアダプターが付属しています。

・CAT EYE HL-EL540(かなり明るいライト。充電式で長く持ちます。金具をコーナンで買って取り付けました)

・CATEYE  VOLT300ブロンプトン専用(USB充電式)

・純正カバー&サドルバッグ

・ミノウラのスマートフォンホルダー

を取り付けてあります。
装備は上記を付けていて今のところ追加したいオプションも無く満足です。

キャリーミーと2台持ちだから分かるメリット、デメリットがあります。
メリット
・長距離走行時はキャリーミーより断然楽
デメリット
・折り畳みがキャリーミーの方が楽
・輪行がキャリーミーの方が楽

ブロンプトンもキャリーミーもどちらも良い自転車です。
いろいろな所に妻とサイクリングしていますが非常に楽しめます。
車でもなくバイクでもなく自転車だから入れる路地裏や今まで気づかなかったショップ等、自転車移動だからこそ気づける事が多いです。

キャリーミーの紹介はコチラでしています。
バイクタワー10の紹介はコチラ
08161904-196

レビュー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット